包茎手術の傷跡ナシ!?東京ノーストクリニックの技術力が評判な件。

MENU

包茎手術の傷跡ナシ!?東京ノーストクリニックの技術力が評判な件。

男性に限らず性器の悩みというものは普段の生活と切り離すことのできない問題です。

 

「ペニスに包皮が被っているため悪臭がする」、「恥液が溜まり炎症を起こして痛い」、「パートナーに対して消極的」など、包茎に対する悩みの声が絶えません。

 

そんな包茎の問題を解決する効果的な治療法を、東京ノーストクリニックでは行っています。

 

コスメティック法と呼ばれ、その名の通り美容整形の際に用いる技術に、顕微鏡を使用した繊細な技術を応用し独自開発されたものです。

 

その治療法には3種類あります。

 

人工的にシワを作ることによって、皮を根元に寄せ亀頭に戻さないようにする方法。

 

余分な皮を数ミリ単位で計測後、専門医が精密曲線作図法という治療ラインを指定して治療痕をわからなくする方法。

 

患者さんのペニスの状態に沿った精密切除をする方法があります。

 

包茎手術の施術時間は多くても60分となり、忙しい合間でも治療を受けることに抵抗はないでしょう。

 

また、女性を満足させることが難しい、自信を持ちたいとの悩みには、亀頭増大術やシリコンボール挿入術といった施術方法を行っています。治療時間はいずれも20分前後となり、持続力のアップ、増大や強化、自然な弾力やシリコンボール挿入による女性への刺激の強化等、男としての力強さと自信をわずかな時間で取り戻すことができます。

 

これらの方法は、包茎治療と連携することも可能です。男性特有の不安と悩みを同時に解消することができる画期的な方法と言えるでしょう。

 

そして、主に性行為で感染する性病ですが、共同浴場やタオルの使い回し等でも感染すると言われ、決して油断してはなりません。コンジロームと呼ばれる亀頭周辺に細かなブツブツができる現象もその性病の一種です。

 

痛みや痒みはないと言いますが、大切なパートナーにも感染しかねません。原因としてはペニスの不衛生にあることが多いこの病気。

 

治療時間はわずか15分程度になり、医療用レーザーを用いる熱治療、液体窒素を用いる除去式治療が主な方法です。治療の痕もほぼ残らないのが嬉しいですね。

 

 

 

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼