カントン包茎手術のあと、セックスやオナニーは?アフターケアの注意点。

MENU

カントン包茎手術のあと、セックスやオナニーは?アフターケアの注意点。

カントン包茎の手術後は患部を癒し、体を休ませなければなりません。

 

では、具体的にどのようなアフターケアを行い、また日常生活を送る上での注意点などはあるのでしょうか?

 

カントン包茎の手術では、術式の違いにより切開する範囲が異なります。

 

小さく切除するだけで済むケースもあれば、陰茎を1周するように切除するケースもありますので、回復までのケアや日数に大きな違いが生じることもあるでしょう。

 

一般的なアフターケアとしては、患部を保護するための包帯がしばらく巻かれる事になります。この包帯の交換と患部の消毒は、しばらく毎日行う必要があります。

 

注意点としては水に濡れる事は厳禁となりますので、トイレに行く際には充分に気をつけると共に、お風呂も包帯が取れるまでは難しくなります。

 

ですが、まったくお風呂は入れないというわけではなく、患部を水に濡れないようラップなどで厳重にくるんだ場合は可能となります。詳しい入浴法については医師に聞いてみましょう。

 

もっとも気になる性行為に関わる注意点ですが、当然ながら傷が閉じるまではセックスもオナニーも厳禁となります。

 

術後すぐにはそうした気分にはならないにしろ、1週間ほどの禁欲生活では下半身が反応してしまう事も充分に考えられます。理性を保ち、ペニスが勃起しないように押さえ込みましょう。

 

ただ、場合によっては意図せず傷が開いてしまう場合もあります。そうした場合には病院が実施しているアフターケアを利用してください。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼