カントン包茎の手術費用はいくら?健康保険の適用と自己負担額。

MENU

カントン包茎の手術費用はいくら?健康保険の適用と自己負担額。

包茎手術ではどのような種類の包茎かにより、健康保険適応の可否が大きく変わります。

 

では、カントン包茎の場合はどのように規定されているのでしょうか。

 

仮性包茎の場合はそのまま治療を行わなくても身体に何か問題が出る事もなく、日常生活を困難にするなどの大きな支障が出てくるということもありません。

 

必ずしも必要である手術とはいえませんので、仮性包茎の手術は全額自己負担というのが基本となります。

 

一方でカントン包茎の場合は、体に与える悪影響が非常にはっきりとしています。無理に包皮を剥いて陰茎を締め付ければ、最悪の場合壊死する事にもなりかねません。

 

包皮がむけない状態では、日常生活にも支障をきたすことになるでしょう。性交渉ができないという点では、男性側が原因の不妊症の一種といっても過言ではなく、そうしたことから健康保険適応の対象となる疾患として指定されているのです。

 

カントン包茎の治療や手術に掛かる費用は、およそ20万円程と言われています。ここに保険の適応があることで、安ければ3万円ほどから7万円になるでしょう。健康保険の適用となることで、費用の負担も少なく治療することができるといえます。

 

ただし、カントン包茎の治療で注意しておきたい点が1つあります。それは、治療に際して保険が適応されるのは、病院の泌尿器科で手術を受けた場合で、包茎治療の専門クリニックなどでは対象外となります。

 

保険の事を確認せずに申し込んでしまうと、最初に計画していた費用をオーバーする事にもなりかねません。充分に注意しましょう。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼