日本人男性の6割は仮性包茎!?セックスや衛生面での問題は?

MENU

日本人男性の6割は仮性包茎!?セックスや衛生面での問題は?

仮性包茎は男性の生殖器によく現れる症状で、現在ご自身で自覚している方は非常に多いかと思います。

 

男性の陰茎はさおとなる陰茎体部と先端部分の亀頭で構成されており、子供の頃は誰もが包皮で亀頭が隠れている事になります。

 

思春期を経て体が大きく成長すると共に亀頭が自然と露出するようになり、成人後は包皮がまったくかぶらない状態が本来の姿となります。

 

そうした中で仮性包茎の方の場合は平時から亀頭が包皮で覆われており、また亀頭が完全に覆われておらず先がちょこっと見えている場合も仮性に分類されていますので、勃起をしたり手で皮をむいたりしなければ亀頭がでてくる事はありません。

 

日本人の場合は成人後も6割以上が仮性のままであるとも言われていますが、こうした症状が体にあることで健康に障害が出るケースはあるものなのでしょうか。

 

まず一般的に仮性包茎は疾患には分類されておらず、その状態を解消しなくても何らかの健康被害を招く事はありません。

 

性行為を行う際にも包皮が反転し亀頭が露出できるのであれば仮性でも関係がなく、機能面で劣らずまったく問題ないといえます。

 

ただし一つ注意しておきたいのは、仮性の場合は亀頭を包皮が包み込む事から汚れが貯まりやすく、湿気が多い事から雑菌も繁殖しやすい状態になっています。

 

頻繁に包皮を反転させて洗浄を行わないと亀頭周囲が不潔になりやすく、炎症を起こして痒みや赤みが伴う場合もあります。状態が悪化すれば尿路感染症や陰茎癌を引き起こす場合もありますので注意が必要です。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼