傷跡は目立たない?仮性包茎の手術方法は早漏やEDにも効果的!

MENU

傷跡は目立たない?仮性包茎の手術方法は早漏やEDにも効果的!

仮性包茎は日本人男性に広くある症状で、特に体に害を及ぼす事もなく、手術などで本来あるべき形に直す必要もありません。

 

ただ個々の体により形状は大きく変わるように、陰茎の状態も変わることがありますので、仮性であっても包茎の症状次第では外科的な治療が必要になる場合もあるのです。

 

特に勃起をした状態でも皮がかぶっていれば、性行為に支障が出てくることになり、加えて包皮内部の衛生環境が悪化した事から炎症が頻発する事もありますので、そうなれば治療を行うというのも当然に考えていかなければならないといえます。

 

また仮性包茎の場合はその見た目の悪さから治したいと言われるケースも多く、いくら体に害は無いといっても男性のプライドに関わる問題として治療を受ける方もいるのですが、具体的にどのような手術方法となるのでしょうか。

 

細かな手術方法の違いにより術式は様々あるのですが、仮性包茎の場合は亀頭直下のくびれにメスを入れて不要な皮を切り取る場合が多くあります。

 

どこにメスを入れるかにより手術の痕跡が残り大きく目立ってしまう場合もあるのですが、この手術方法であれば亀頭のくびれに完全に隠される事になりますので、間近で見ても手術の有無を気づかれる事はほぼ無いといえます。

 

また仮性包茎を手術で治した場合には早漏や不感症によるEDを改善させる効果もありますので、そうした症状でお悩みの方もまた手術により改善する可能性が高いので医師に相談してみましょう。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼