包茎で性病に?亀頭包皮炎や尿路感染症&大切なパートナーに危険も。

MENU

包茎で性病に?亀頭包皮炎や尿路感染症&大切なパートナーに危険も。

包茎の問題として病気にかかりやすかったり、感染しやすいということがあります。これはどういったところに原因があるのでしょうか。

 

包茎の中でも真性包茎やカントン包茎の場合は、包皮の内部まで綺麗に洗浄できないことから汚れが溜まりやすく、そこでは細菌が繁殖しやすくなります。

 

初めの頃は汚れから異臭が漂う程度なのですが、繁殖した細菌が性器の中に入り込んでしまうと、亀頭包皮炎や尿路感染症などに感染する恐れがでてきます。

 

亀頭包皮炎とは、その名の通り亀頭とそれを取り囲む包皮の部分で炎症が発生してしまう疾患です。赤く腫れあがると共にかゆみや痛みが伴います。症状が進行すると尿を出す際に痛みを感じたり、膿が出てしまうなどの影響があります。

 

続いて尿路感染症とは、繁殖して数が増えた細菌が尿道に侵入することでもたらされる疾患です。症状としては発熱・腰背部痛・頻尿・排尿痛・血尿などがあります。さらに症状が進んでしまうと、膀胱炎・尿道炎・急性前立腺炎などの病気にかかりやすくなります。

 

陰部がこうした病気に感染しやすくなるというのは、なんとも怖いものです。実はこれらはまだ初期段階の症状です。

 

適切な処置をとらないままでいると、陰茎がんなどの病気にかかりやすくなり、加えて性交渉を持った相手の女性にも細菌が感染して子宮頸がんを感染しやすくさせるという命に関わる問題まで生じさせる危険があるのです。

 

包茎はこうした将来にわたる大きな問題を残す危険もありますので、このあたりのリスクもしっかりと認識しておく必要があります。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼