包茎手術は痛い( ゚д゚ )局所麻酔と全身麻酔はどちらが安全?

MENU

包茎手術は痛い( ゚д゚ )局所麻酔と全身麻酔はどちらが安全?

手術といえば身体に刃を当てて切り裂くものです。

 

恐怖心があったり、何か痛みが伴うのではと、心配される人も非常に多くみえます。

 

とかく包茎手術では男性のシンボルに直接メスを入れることになりますので、身体の中のどこよりも恐怖心を感じやすいといえるでかもしれません。

 

では、実際に包茎手術を受けてみると痛いものなのでしょうか。

 

この痛みを感じるか否かは、一重に手術の際の麻酔に掛かっているといえます。実は日本の麻酔技術は非常にレベルが高いので、実際に手術中に痛いという感覚を感じることは一切ないと言っていいでしょう。

 

これは麻酔薬の効果が高いことに加えて、薬剤の量をしっかり調整できるさじ加減を医師がしっかりと心得ているおかげでもあります。表面麻酔や局所麻酔と併用するなど、より効果を高めるための技術でも心得があるという点も大きなポイントとなっています。

 

ただ、いくらこうした裏づけがあったとしても、一度芽生えた痛いという感覚への恐怖心は中々消えないものです。中には局所麻酔で自身の意識がある中で手術を行うのはイヤだといわれる人もいるでしょう。

 

意識が無い中で手術を行うために、全身麻酔を利用するという選択肢もあります。ですが、包茎手術で必ずしも必要となる麻酔法ではありませんので、身体への負担が大きくリスクが高まる全身麻酔を了承してくれるケースは実際にはありません。

 

そのため、手術前の話し合いで医師としっかりとやりとりを行い、医師への信頼感を高めておくこともまた大事であると言えます。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼