傷跡が目立つ!?包茎手術がうまいのは専門クリニック or 泌尿器科?

MENU

傷跡が目立つ!?包茎手術がうまいのは専門クリニック or 泌尿器科?

手術では傷跡は付き物です。人によっては健康の大切さを語る際に、自身の手術跡を実際に見せてくれる人もよくいらっしゃいます。

 

他人に見せてもらう手術の跡というのは非常に生々しいもので、自分はこうはならないようにと健康に対する考えを改めるきっかけになる場合もあります。

 

人間の皮膚は小さな傷であれば完全に癒着して跡が残ることはないものの、手術など刃物を使用した大きな傷の場合はその痕跡が残ってしまいます。

 

ただ、これが内臓などの手術などであれば仕方が無いと諦められるのですが、包茎手術の場合はそうもいきません。

 

包茎というのは男性にとって非常に大きな悩みの種であり、それを解消する手術を受けた傷跡は絶対に残したくは無いというのが誰もが思うところです。

 

では実際に包茎手術を行うと、傷跡は付いてしまうのでしょうか?

 

これはどのような術式を選択したか、また医師の経験や技術によっても変わってくるところで、例えば亀頭直下埋没法などの術式であれば痕跡が残りませんので間近で見られても安心することができます。

 

ただし、痕跡が残らない術式があっても、手術を行なう執刀医の経験や技術が伴っていなければ、傷跡が残ることも充分に考えられます。特に病院の泌尿器科で包茎手術を受けた場合には、目立った傷が残るケースが多数報告されているのが実情です。

 

では、実際に跡が残ってしまった場合にはどうすれば良いのか?実は包茎治療の専門クリニックでは、そうした痕跡を上手く消すための治療も行われています。包茎手術の傷跡でお悩みの方は一度相談してみると良いでしょう。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼