真性包茎やカントン包茎に手術は必要だけど、仮性包茎は自分で治療できる?

MENU

真性包茎やカントン包茎に手術は必要だけど、仮性包茎は自分で治療できる?

包茎には身体機能に障害がある場合や、見た目のコンプレックスを抱えやすいという問題があります。

 

できることなら包茎を治療したいと思うのは、包茎の男性であれば当然でしょう。

 

ただ、一言で包茎と言っても人により程度や違いがあります。包茎手術は誰であれ行った方がいいのか、もしくは自己治療で済ませても良いのか、このあたりはどのように判断すればよいのでしょうか。

 

まず、ご自身の手で包皮を剥く事ができる仮性包茎の場合は、医学的に見ると包茎の部類には入っていませんので、メスで切り開くといった類の包茎手術は必要がないと言えるでしょう。

 

機能面でも日常生活における利便性で見ても、問題はありませんので気に留める事もありません。ですが、それでもコンプレックスを感じる男性は多く存在します。

 

そういった場合は、自己治療の範囲内で包皮を陰茎の根元で固定できるリングを使用してみるのでもよいでしょう。このリングは一時的に留めておく物ですが、多少は包皮の位置に癖が付けられるなど、一定の効果があります。

 

一方で真性包茎やカントン包茎の場合は、自己治療で直せる範囲を超えている場合がほとんどです。日常生活にも大きな支障をきたす事を考えれば、包茎手術を行ったほうがよいのは明らかです。

 

手で徐々に包皮口を広げるという方法もありますが、若い頃から継続させなければあまり効果はありません。できるだけ早くに医師に相談に行ってみるのがよいでしょう。

 

多くの包茎専門クリニックでは無料のカウンセリングを行っていますので、まずは気軽に専門家に相談してみることをオススメします。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼