腫れも無問題!包茎手術後のアフターケアは包帯交換と消毒で大丈夫か!?

MENU

腫れも無問題!包茎手術後のアフターケアは包帯交換と消毒で大丈夫か!?

包茎手術後は完治するまでに様々なケアを必要としますが、必ずしも医師の手が必要というわけでありません。

 

自己アフターケアで充分に事足りるのですが、具体的には何をしたら良いのでしょうか。

 

自己アフターケアと聞くと難しいようにも感じられるかもしれませんが、それほど難しい物ではありません。

 

まず、自己アフターケアで最も重要になるのは、定期的に行う患部の消毒や包帯の交換です。

 

これは包茎手術に限らず他の手術でも一般的に行われている事になりますね。やはり切開した後の患部は肌というバリアを失っていますので、雑菌が繁殖しやすく、定期的な包帯交換や消毒などは欠かすことが出来ないといえるでしょう。

 

手術の類が初めての方からすれば、何をしたら良いのかわからないということもあるかと思います。ですが、病院やクリニックでは術後に包帯交換や消毒などの方法について具体的に教えてくれるはずです。学んだことを参考にご自身でケアを実践してみましょう。

 

その他にも細かな注意点はあるものの、実際に自分で行うケアはこれぐらいとなります。ですが、手術後の経過観察では患部が思った以上に腫れてくるなど、トラブルが生じるケースもあります。

 

そうした時には病院やクリニックが行うアフターケアを利用して、医師の手により適切なケアを受けると良いでしょう。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼