包茎手術は痛みナシ!?局所麻酔と全身麻酔どっちがおすすめ(・´з`・)

MENU

包茎手術は痛みナシ!?局所麻酔と全身麻酔どっちがおすすめ(・´з`・)

包茎手術はメスによる切開が伴う外科的な治療となります。

 

メスによる切開を行う際には、痛みを抑える麻酔の使用は必要不可欠になるのですが、どのような種類麻酔があるのでしょうか。

 

包茎手術は陰茎の手術なので、体のごく一部分のみの切開となりますが、術式により切開の範囲は大きく異なります。手術で使用される麻酔にも、局所麻酔・全身麻酔などの種類があります。

 

まず、局所麻酔の場合ですが、こちらは手術を行う部分にピンポイントで除痛を行う方法となります。この方法の最大のメリットは、部分的に感覚をなくして痛みを感じさせない一方で意識を保つことができるという点です。

 

局所麻酔であれば負担も少なく、体の特性上強い薬剤を用いることができない方でも利用することができるでしょう。

 

この局所麻酔を包茎手術で利用する際には、皮膚の下に薬剤を注入する浸潤麻酔法と、陰茎根部の神経束周辺に薬剤を注入する背面神経ブロック麻酔法などを選択することになります。

 

また、局所麻酔にはそれ以外にも皮膚の表面に感覚を失わせる効果がある物質を塗るという方法もあります。部分的に体温を落として痛覚を鈍らせる冷却ガスや冷却スプレーなどを持ちいる冷却法や、感覚を失わせる事ができるリドカインなどの薬物を塗りつける方法とが代表的です。

 

次に全身麻酔ですが、局所麻酔とは異なり全身に麻酔の効果をもたらし、意識を消失させることになります。包茎手術では局所麻酔が一般的で、一部の術式のみに全身麻酔が使われるケースが多いようです。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼