注射ナシ!寝ている間に包茎手術完了(^ν^)完全無痛麻酔で痛み知らず。

MENU

注射ナシ!寝ている間に包茎手術完了(^ν^)完全無痛麻酔で痛み知らず。

人によっては少々の痛みにも非常に過敏に反応する場合もあり、血液採取やワクチンなどの注射も苦手だという方もいるでしょう。

 

注射針は非常に小さな物ですが、チクリとした痛みはあるものです。

 

そうした痛みが嫌だといわれる人もいれば、針や刃物などの先端の尖った部分が怖いという尖端恐怖症の人などもおり、それが元で治療を拒んでしまうケースもあります。

 

一般的な医療のみならず包茎手術でも注射は付き物であり、まずは麻酔を打たなければその先の手術に踏み出すことが出来ません。

 

一方で注射が嫌な方でも安心して利用できる【完全無痛麻酔】と呼ばれる物も用意されています。

 

この完全無痛麻酔とは、その名のとおり痛みを伴う感覚が一切無い麻酔のことを指しています。なぜ注射をすることも無く、麻酔の効果を体に及ぼす事ができるのでしょうか。

 

実はこの方式の麻酔は局所麻酔のように注射を打つのではなく、マスク麻酔(ガス麻酔)を併用する方式になります。患者さんは始めにマスクを装着して、口からガス麻酔薬を吸引することにより自然と眠りにつくことになります。

 

完全無痛麻酔で寝に入る際には非常に気持ちがよく、意識が無いうちにすべての手術が終わります。恐怖心を感じることもなく、無心のうちに包茎手術を終わらせることができるでしょう。

 

注射をせずにガスだけで眠りにつくことができますので、完全無痛麻酔と名称がつけられているのです。よくテレビドラマで見るような手術シーンをイメージすればわかりやすいかもしれませんね。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼