手術不要で包茎が治る(´ε`)包茎の原因とむきむき体操の効果とは?

MENU

手術不要で包茎が治る(´ε`)包茎の原因とむきむき体操の効果とは?

日本人男性に仮性包茎の割合が多いということはよく知られていますが、真性包茎の場合も含めてどんな人に包茎が多いのでしょうか。

 

医師に話を聞いてみると、体型などの違いは関係がなく、どんな人にでも包茎は起きうる症状だといいます。

 

包茎専門クリニックで治療を受けようと訪れる患者さんの多くは、小学生から高校生にかけての成長期に包皮が被っていることに対して特に関心を持たず、警戒することなく過ごしてきた場合が多いそうです。

 

そもそも包茎は成長期に陰茎が大きく成長すると共に、包皮まで伸びてしまう事に原因があります。成長期の頃に包皮をむく癖をつけておけば、包皮が伸びてしまう可能性は低くなるといわれています。

 

これは最近若いお母さんの中で流行している「むきむき体操」にも相通じるものがあります。このむきむき体操とは、将来的に真性包茎やそれに伴うガン化などを避けるため、赤ちゃんの頃から包皮を剥くと体操のことです。

 

こうした取り組みを自主的に行ってこなかった方の場合は、やはり包茎のリスクが生じる可能性が高くなるといえるのです。

 

次に病院の泌尿器科に目を移してみましょう。治療に訪れる患者さんにはどんな人が多いのでしょうか。

 

実は来院する患者さんの多くは、20代の若い方だそうです。成長期を終えて、これ以上は陰茎に変化が生じないことが分った段階で訪れる方が多いようですね。

 

家族には内緒で、ご自身の稼ぎで治療費用をまかなう事が出来るようになってから治療に訪れるというパターンもあるそうです。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼