性行為に難あり。真性包茎の症状は一人の問題ではない?

MENU

性行為に難あり。真性包茎の症状は一人の問題ではない?

真性包茎とは陰茎の亀頭部分が完全に包皮に包まれた状態のことを言います。

 

勃起しても自然に包皮が剥けることはなく、亀頭は皮を被ったままです。

 

手で包皮を剥こうにも剥けない状態のなのが、真性包茎です。

 

一般的に仮性包茎が割合としては多いのですが、仮性はそもそも包茎の部類には入っていません。真性の場合のみ、包茎として分類されています。

 

では、なぜ真性包茎となってしまうのでしょうか?そもそも私たちの体は産まれた時には誰もが包皮をかぶり、局部を保護しています。成長と共にこの包皮は保護という役目を終えて、それ以上は伸びることがなく、成長した陰茎は亀頭を露出する事になります。

 

しかし、真性包茎の場合は包皮と亀頭が癒着したり、包皮の先の輪が短く亀頭が外に出せないといった状態です。真性包茎では、日常生活を送る上で様々な問題が生じてきます。

 

真性包茎の最も大きなデメリットは、内部を洗浄できないということ。排泄物や老廃物がたまる中で雑菌が繁殖して炎症を起こしたり、悪ければガンを発症する要因にもなりかねません。

 

また、性行為にも著しい障害が発生します。勃起時に包皮が引っ張られることで大きな痛みが生じたり、挿入した際には皮が摩擦で傷ついてしまうこともあります。

 

包皮の口が小さく無理に剥いて亀頭を出した状態にすると、包皮が亀頭を締め付けることになって、血液の循環が止まることになりけねません。

 

こうした種類の包茎は嵌頓包茎(かんとんほうけい)とも呼ばれており、いずれも真性包茎にを治療するには病院で医師の治療を受ける必要があります。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼