どれがおすすめ?真性包茎手術の施術方法によるメリットとデメリット。

MENU

どれがおすすめ?真性包茎手術の施術方法によるメリットとデメリット。

真性包茎は陰茎の状態によっては、早期の手術が必要になる場合があります。

 

では、具体的にどのような手術方法となるのでしょうか?

 

まず、もっともメジャーな真性包茎の手術方法は、【亀頭直下埋没法】です。

 

亀頭直下埋没法は、余分な包皮を亀頭の下にあるくびれの部分で切除して縫い合わせるという手術方法となります。

 

切開した痕跡を隠す事ができることから、多くの病院でこの術式が採用されています。

 

真性包茎の手術は古い時代からあったものの、これまでの術式では跡が残りやすく、縫合場所の上下で色が異なる事からツートンカラーとも揶揄されていました。ですが、亀頭直下埋没法の場合は見た目にも美しく、パートナーにも悟られにくい事から人気を集めています。

 

続いて【背面切開法】は、包皮の狭くなっている口の部分を縦方向に切開する術式です。包皮が剥けやすい状態まで広げてから縫合します。

 

背面切開法では包皮の切開を行うのですが、一部を切除するというわけではありません。完全に真性包茎から脱するのではなく仮性包茎の状態にとどめておく事を目的としており、手で簡単に包皮をむけるようになります。

 

背面切開法の手術時間は非常に短く、亀頭直下埋没法のように高い技術を必要とする手術ではありません。小さな傷は残りますが、手軽に終えることができます。

 

最後に【根部切開法】です。余分な包皮の切除を亀頭下で行うのではなく、陰茎下の陰毛が生えている辺りで切開縫合を行う方式の手術となります。この場合は陰毛が生い茂っている中に手術痕を隠す事ができますので、ぱっと見で気づかれる事はまず無いと言えます。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼