お風呂にセックス、オナニーは?真性包茎の手術後チェックポイント。

MENU

お風呂にセックス、オナニーは?真性包茎の手術後チェックポイント。

真性包茎の手術は術式により差はあるものの、仮性包茎と比べて切除範囲が広いなど、手術の規模は大きく複雑になります。

 

よって、真性包茎の手術後には、適切なアフターケアを行うと共に、日常生活における注意点も存在します。

 

まず、真性包茎の手術後は一定期間ペニスに包帯を巻く必要があります。

 

アフターケアとして、消毒と包帯の交換は毎日行ってください。

 

また、包茎手術でメスを入れているという事もあり、多少の痛みが伴う場合もあります。痛みがひどい場合には、処方された痛み止めの薬と共に、化膿止めや止血剤なども服用する事になるでしょう。

 

その他に日常生活の注意点としてあげられるのは、お風呂です。手術当日の入浴は厳禁となっており、患部の傷口の状態によって早ければ翌日からシャワーを浴びる事ができるようになります。

 

ただし、この段階ではまだ傷口は癒着していませんので、水に濡れることは絶対に避けなくてはなりません。患部周辺にビニール袋やラップなどを念入りにかぶせてテープで密着し、水で濡れないようにシャワーを浴びる程度で入浴を済ませてください。

 

傷の程度にもよりますが、およそ1週間後からは患部を水でぬらしても大丈夫になりますの。辛いかと思いますが、それまでは我慢しましょう。

 

それ以外のアフターケアとして、傷口を早く回復させるために飲酒は厳禁となっており、激しい運動も行うことはできません。この「激しい運動」には当然ながらセックスやオナニーも含まれています。

 

真性包茎の手術後の注意点として非常に重要になりますポイントです。欲望をなくすためには傷口が開いてしまった場合の痛みを想像し、恐怖感を持って欲望をさえぎりましょう。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼