一体おいくら?真性包茎の手術費用と健康保険の秘密。

MENU

一体おいくら?真性包茎の手術費用と健康保険の秘密。

真性包茎の手術において気になるのは、手術の安全性だけでなく費用の面ですよね。

 

風邪をひいた時のように診察を受けて処方箋を受け取るのとは違い、真性包茎の手術には多額の費用が必要となります。

 

では、真性包茎の手術では、健康保険の適用を受けることはできるのでしょうか?

 

まず、同じ包茎でも仮性包茎の場合は保険の適用外となり、自由診療の扱いになることから全額に自己負担となります。

 

仮性包茎の場合、費用面での負担は非常に大きいと言えますね。

 

一方で真性包茎の場合は、どのような対応となるのでしょうか。実は真性包茎の場合は、そのまま放置すれば体に危険が及ぶリスクが高くなり、性行為が行えないなど生活に大きな支障が出ることから、一つの病気や疾患であると認識されています。よって、真性包茎の治療や手術などは健康保険の適応の対象となっています。

 

つまり真性包茎の場合、治療の自己負担分はその内の数割となります。真性包茎の症状にもよりますが、安ければ1万円から5万円ほどの範囲で、手術を受けることができる場合もあるのです。

 

ただし、この健康保険の適用は病院の泌尿科を受診した場合のみに限定されています。病院の泌尿科における治療は、単に機能性を取り戻すことを目的としており、術後の見た目の良さなどは考慮されない場合が多くあります。

 

そうした事から術後に手術跡が目立ったり、包皮が余るなどのトラブルが数多く報告されています。多少は費用が掛かっても、真性包茎専門のクリニックで治療を受けたほうが、リスクを負うことなくより自然な仕上がりにしてくれると言えるかもしれません。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼